ホーム > 仕事 > 在留資格認定証明書

在留資格認定証明書

在留資格認定証明書は、申請をするには入国管理局にしますが、けっこう
管轄に気をつけないとダメなようです。

在留資格認定証明書を申請した友人から電話があって、管轄違いなので、
もう一度申請しなおしてくれ・・・と言われたそうです。

在留資格認定証明書の書き方が分からず、インターネット上をあれこれ
調べてしまいました。私の場合、在留資格認定証明書をもらうのは子供のため
ですが、これは配偶者ビザのためだけのものではないので、ネット上には
さまざまな種類の申請書があるのですが、どう書いてよいのやら分からないのです。

在留資格認定証明書の書き方というのは、インターネット上の情報だけで
マスターできるものではなく、結局、プロの専門家にお願いすることになりそうですね。

在留資格認定証明書は、許可されると自宅に送られてきますが、黄色の
けっこう小さな紙で、昔はもっとちゃちな紙だったらしいですが、今でも
十分にちゃちな作りです。

在留資格認定証明書の書き方を調べていましたが、時間になったので、
選挙に行きました。在留資格認定証明書で呼ぼうとしているのは、私の
中国人の妻で、今回の選挙でいろいろ尖閣の問題とかがクローズアップ
されているので、中国人を配偶者に持つものとしてはなにかと心配です。


在留資格認定証明書の書き方を参考に書いたとしても、それでOKとの
保証は無く、心配の日々が続きます。それなら、いっそのことプロにお願い
するのも良いですよね。

在留資格認定証明書を申請するのに、いくつかいつも読んでいる日本語雑誌の
広告を参考にしたのですが、あまりよくなかったのです。


関連記事

在留資格認定証明書
在留資格認定証明書は、申請をするには入国管理局にしますが、けっこう管轄に気をつけ...
東京入国管理局 立川出張所
東京入国管理局 立川出張所も遠いんですよね(笑)。基本、市役所等は住民がアクセス...